Noise666

Noise666 Top

+PROFILE+

最新記事

最新コメント

Push!!

カテゴリ

メールフォーム

+ATTENTION!!+

コスプレに興味のない方、アンチコスプレの方は閲覧をご遠慮してくださいますようお願いします。

ブログ内の写真・画像のダウンロード、及び転載などはご遠慮下さい。

またリンク先のブログ制作者への迷惑行為なども絶対に行わないようにお願いいたします。

◆刀ミュ感想

3月18日 18:30~の三百年の子守唄を観覧してきました!
今までの刀剣乱舞ミュージカル、舞台とは見せ方の違うシナリオでとても考えることの多い作品だったと思います。

基本的には大倶利伽羅さんばかり見てたので、粗末な感想文ですが…………………
詳細は追記にて!
【Noise666】http://noise666.blog40.fc2.com/

◆2017年が始まりました

◆明けましておめでとうございます!
新年ですが昨年は何か記事を書いていたのでしょうかね?ww

◆筆不精もいいところなので、今年はちまちまとでも更新したいと思います(願望)

◆刀剣乱舞始まってからとても忙しいですよー!
もうじき二周年を迎える刀剣乱舞ですが、コス関係では2015年、刀剣乱舞実装すぐの2月に初期刀の加州清光を、WFにてコスしましたー!

わ~懐かしい!
この日は普段履かないピンヒールで寒くてたまらなかった思い出。
ぽっぽ先生の堀川国広、秋人くんの薬研藤四郎と一緒でしたね!
この時、櫻ちゃんに出会ったのである!
そして軽率に仲良くなって今に至りますねww
その後の本丸撮影会の時の思い出話はやばいwwww
あまりにも周りに溶け込みすぎていた櫻氏に困惑すること多々あり…ww
楽しかったww

◆そんな刀剣乱舞コスデビューから同時に同人誌書き始めて、二足のわらじに死ぬ思いをしながら早二年………
昨年からはグラブルも始めてしまったため、やることが多すぎて……💦💦
刀剣乱舞もそろそろ新しいキャラのコスをしたいですね~…とか言いながら今年の年賀状は、酉年と言うことで鳥の名の付く太刀で…

鶴丸@秋人

鶴丸と鶯丸でしたー!
いやー、直前実装の小烏丸とか無理でしたね!ww

◆コスやりたいとか騒ぐ前に痩せたほうがいいと思います(真顔)

◆昨年の新しい出会いでは、鹿氏のお友達だったhnkさんに会って早々「挿絵描いてください!!」とお願いして挿絵5枚と表紙とか裏表紙とか描いてもらって10冊目の同人誌出すことができましたよ!
hnkさんとても絵が上手くて、描いてもらいたいと必死だったからすごくキモい人になってたかも……!!他にも表紙を頼んだりしてますのて、くりみつ好きな人にはぜひ見てほしいですね…!!
良き出会いです!!

◆二年間の総まとめって感じになりましたね……ははww
こんなことにならないように今年は少しでもあげたいと思いますよ!!
豊富ですよ!!!

みなさん2017年もよろしくお願いします~!!!
【Noise666】http://noise666.blog40.fc2.com/

◆暑さで頭おかしくなりそうですな!

久々に更新です。
更新するとずるずる更新したくなるんですが…
こすれぽの方は全然あげられてないですね。いい写真がたくさんあるんで選べないっていうのもあります。ホントに。
衣装製作の方ち街までもあげられる筈なんですけどねー。これもそれ目的に写真を多く撮ってれば、っていうのはありますね。

昨年末の製作から、今年一番始めに作った奴です。
このカテゴリでちゃんと記事上げたのって、日高のサーベル以来ですねwwwあは♡

製作記事↓
◆和泉守兼定衣装作り
◆K軍服(伏見猿比古Ver)

色んな事してました!
刀剣乱舞はイベントから、即売会、スタジオと毎週の様にコスプレしてましたw
その間、2回ほど大型合わせをやってましてですね…アハハ!
くっそ楽しかったです。

それはそうと、コスプレサークルAmazingEntertainmentがC88で写真集を出しますよ!!
予約が始まっていますが、予約期間がすごく短くて8/6までとなっています!!
皆さん急いで↓をクリックだ!!!(おい)
【SecretRoom】予約ページ

暑いけど夏を満喫しようZE!!!
【Noise666】http://noise666.blog40.fc2.com/

◆和泉守兼定衣装作り

1426562487985.jpg

これ作りましたー!
久々の造形ありな衣装です…!が、作ったのは三月です(真顔)

使ったものはコチラ
◆臙脂のツイル3m
◆謎の白い布2m
◆金の合皮1m
◆黒の合皮2m
◆灰色の合皮30cm
◆白のツイル50cm
◆黒のツイル50cm
◆赤タッセル2セット
◆赤リリアン糸×2
◆白リリアン糸
◆打ち紐(中細)
◆金のgutta(布用インク?)
◆ライオンボード2枚

既製品
◆白い袴
◆黒のロング手袋
◆黒のハイネックインナー


約一週間弱の製作期間でした。
まず、始めに臙脂のツイルで和服を作っちゃいます。市販の浴衣の型紙(男性用)を使用しました。
本当は反物を使って作るのですが、型紙があればどんな布でも作れます。
問題は袖の模様です。
最初は塗った方が早いんじゃないかなって思ってたんですけど、それも面倒くさいので布を縫い付ける事にしました。

DSC_1256.jpg

袖の部分の型紙に適当な感じで書いたやつを使い、布を切り出します。

DSC_1258.jpg DSC_1259.jpg

そんでまた、すんごい適当な感じで縫いつけて、guttaで金の所を書きたしました。えーと、汚いですねwwちょっと手が震えて上手く書けませんでしたwww
適当に縫ったわりにはすごく上手く出来たので満足してますwww

DSC_1262.jpg 

それで一番問題視してたのがこの鳳凰(?)ですよ…。。
最初はステンシルでやろうかと思い、支部でテンプレ配布している方の物を参考にコピーしたんですが、いざクリアファイルを切抜こうとして余りにも面倒臭く、もういいや手で書こう…という結論に至りました。ステンシルやった事無いのに、それで失敗してしまったら元も子もない。それならもう書け!!とね。失敗しそうで怖かったけど…

DSC_1263.jpg

取り敢えず何とか形になってくれたからいいかなwwww
でもちょっと出かかった様な気がします…もういい…。

DSC_1266.jpg

白い変な布を使って襦袢(?)をつくりました。縁が金色なので、金色の合皮を適当にバイアスでくっつけました(真顔)
この布、300円だったんだけどすごく綺麗^w^
なんかえっちですね・・・

DSC_1267.jpg

重ねてみるといい感じ!まるで見えないけどね!!!白い布!!!!

続いてはインナー製作です。
兼さんのインナーえっちですよね~…キューティーハニーwww
とか思いながら袖切断して、ロックミシン掛けて…あと、襟ぐりにバイアスをつけるのでそのままでは伸びなくなってしまうから背中にファスナーを付ける為の切り込みを入れようと思ってたんですけど…

DSC_1270.jpg

やっちまった…!!!!胸元の穴からハサミ出てたらしく、ここバッサリ切っちゃいました(オワタ)
ですが、もうしょうがないです。これ以外にないので、裏面から接着テープで当て布をする事でなんとか…処理を・・・

DSC_1271.jpg

したのがこれです。
そうなんですけど!!!したんですけど!!!!
ここでまた指摘されました。
「兼さんの胸元の穴、縁ないよ!!」と、堀川国広役の秋人くんからの指摘…!!!
うわーーーーまたやっちまったYO!!!
ってわけで、切り落とした腕の布で応急措置をしました…。

DSC_1275.jpg

う、うん…なんとか・・・なってる・・・・かな?

DSC_1276.jpg

それが終わったら今度は腰の変なやつをくるよ!!
でもこれどうなってんのか全然わからないwwwww
というわけで、これも適当に型紙を書いて切り出しました。

DSC_1277.jpg

本当なら、金色の縁は二重になってるはずなんですけどね…色々力つきました…次やる時は直す(と言って直さない)

次は草摺です。

DSC_1280.jpg

工作用紙でそれっぽい形を作ります。
うんうん、何度か作り直したけど、こんな感じでしょうかね???

その後、ライオンボードを切り出しました。
ところがね、うちには某MMOのロードナイトを作った時の厚めのライオンボードがくそほど余ってましてね…。それを使う事にしたんですけど、これがちょっと厚かったかなとwwwでもま、そんなこと気にしている時間はありません、それでやるしかないのです。

DSC_1282.jpg DSC_1283.jpg DSC_1284.jpg

切り出したライオンボード。そのままだとなんかガツーン!っていう感じになっちゃうかな(多分厚みがある所為)と思うので、ライターで適当に炙って曲げました。

ここでみなさんは、ジェッソなどをつかって表面を整えてから塗装に入ると思うのですが、何せ時間がありません。
そして私はそれをやった事もありません。
布を張り付けるしか方法がないのです。しかも、迅速に貼らなければなりません。ボンドが渇く時間も惜しいのです!!!

DSC_1285.jpg

なので、両面テープで張り付けました(キリッ)
結構いいですよこれ・・・・平面ならね…フフ…
多少(ていうか結構)布浮いてますが、これも両面テープを節約する為全面貼り付けをしてない所為です。でもこれが逆に良かったかと…。なにせ、穴を開けてこの合皮を通す時に、両面テープのべたべたがすごく邪魔!!!ただでさえ予想以上に時間がかかってもうやりたくないってなってるんですから…。
何も考えずに作った所為で本当に苦労しました。いい経験になったwww

DSC_1286.jpg

なんとか紐を通し終えました。しかし、穴の位置が結構ずれたのでめちゃめちゃ汚いです!!!
これ本当にやでした。苦痛。二枚しかないのに、ちょー苦痛でした。
作り方など、その辺のやり方はこれで何となくつかめたので、次作る時はちゃんと段取り考えてやろうと思います…

DSC_1287.jpg

もうなんかよくわからないので、この模様も手書きしました。汚いのは目をつぶってくださいwww
後から気付いんだけど、こっちのほうは布を切り出した方が綺麗だったんじゃないかなって思うwwwしかし時間がなかった(重要)
※裏面は絶対に見てはいけない!!!

DSC_1288.jpg

灰色の部分の作り方は、灰色の合皮だけだとペラペラなので、中にライオンボードを仕込んで縫ってあります。それを、黒い腰巻(?)に縫いつけてあります。草摺は、マジックテープで着脱式になっています。(着ている途中、座るとベリベリっとはがれることもありますww)

これで何とか衣装の部分は終わりました。次は手袋です。


指の部分の金布を縫いつけてる余裕がな方ので、guttaで塗って、乾いてから切るっていう手段を取ろうとしたんですが…

DSC_1279.jpg

これね、乾いてから切った後、指入れたら伸びないの!!!当たり前だよね!?
って訳で、これは無理やりビリビリっとしときました。

DSC_1290.jpg

出来たのがこれです。その他の工程丸々すっぽかしですwwwww
何せ時間がなかったので(何度も言いますが)写真を撮ってられなかったんです。
クッションみたいになってるところは、ライオンボードをインナー作る時に切ったハイネックのそでの部分で包んで、それをグルーガンで張り付けてあります。赤い合皮も、それっぽい形に型紙作ってグルーガンで張り付けました。
注意ですが、手袋をした状態で付けないと伸びないことになるので、装着した状態で付ける訳ですけども、そのままやったら火傷します。当たり前ですがグルーガンは熱いです。
なので、100均でかったシリコン製のコースターを忍ばせて付けました。でも熱いです。ないよりマシだと思いますがww
そんな感じで手袋も完成!!

後は作りが前後しましたが、ふさふさの奴です。
実は結構序盤で作ってましたwwwwモチベーション上がらなかったのでwww

DSC_1268.jpg

ええっと、袖にはこんな風に穴が空いてますね。このわっかはバックコーナーの装飾品なんかの所にあると思います。でかいハトメです。この部分のふさふさ(名前わからん。タッセルか)は、市販のひも付きの奴でどうにかなりそうな大きさでしたので、それを使いましたが、腰の部分のはそうはいかない様な大きさです。

DSC_1273.jpg

仕方ないので作らないといけません(怒)
使ったのは江戸打紐と、同色のリリアン用の糸です。
同色の物があったらから、兼さんの場合は悩まずにすみましたが、後に作る事になる燭台切の紐はホントに色が合わなくて死にそうでしたね。

DSC_1272.jpg

工程を乗せたかったのですが、どうしても手を離す事が出来ない状況ゆえに無理でしたwww手を離すと、ばらばらになってしまうからですよ!!!
なんかもう、意地でくっつけた感じです。通常のタッセルなら、厚紙に巻きつけた後に縛って作ればそれいいのかもしれませんが、この場合紐がふさふさに直結している訳ですね。作り方調べましたが、見当たりませんでしたので自力で何とかしました。
ばらばらになりそうなリリヤーンを手でまとめつつ、グルーガンで補強しながらの作業です。よく見ると不揃いな奴がたまに顔を出しますがもう知りません。
先にいい感じの長さに作った結びを用意してくっつけました。この作り方は何処にでもあると思うので調べてくださいww

DSC_1274.jpg

一個で来てもうやりたくないって思ったのに二個あって、これも結構精神削られましたね…。やった事ないから余計神経使うしw
でもなんかそれっぽく出来たからよかったのかな…???
後はこれを、腰巻のところにグルーガンでくっつけて出来上がりです!!!
ここで注意ですが、グルーガンはつるつるした所にはくっつきません。すごく便利な奴ですが、合皮同士のつるつる面、プラスチック、金属などには上手くなじんでくれないので、固まった後衝撃ですぐに取れてしまいます。ふさふさ紐は噛みこんでくれると思います。なので、張り付ける側の合皮を目打ちなどである程度傷付けてから接着するといいでしょう!完全に取れない保証はありませんけど、グルーガン使ってる時点で壊れるのは承知の上ってやつですかね…。

と、そんなこんなでなんとか和泉守兼定の衣装が出来上がりました!!!
この時、3/7が併せで、3/8が百刀だったので…入稿後即衣装製作!という鬼スケジュールでした…出来ないかもしれないという考えがなかったこの時の自分…プライスレス…。
色々断念したところもありますが、出来栄えは・・・・まぁ、よかったかな、とww

IMG_20150802_173219.jpg IMG_20150315_222319.jpg
IMG_20150315_222328.jpg 

なんとか撮影に間に合ってよかったです!!
この日は大型合わせだったので…寒かったけど楽しかった^w^
ところで立ってる写真がないから座ってるところしかないのですがwwwwすみませんwwwww

一生懸命作った衣装着ると、コスプレは倍楽しくなると思ってます^w^




【Noise666】http://noise666.blog40.fc2.com/

◆K軍服(伏見猿比古Ver)

こまめに写真撮るタイプでもないし、作り方を詳しく教える訳でもなく、
ただ作った過程をのせておく感じのやつです!!去年の12月の話ですがねwwww

Kの軍服は、過去二度くらい出てると思いますが、最初は青っぽい色で、次が黒っぽい感じだったと思います。
1回目と2回目だと衣装の感じも少し違う様な気もしましたが、私は青っぽい方で製作始めました。


◆使ったもの◆
表地…アーバンツイル(2m?)・パイピングブレード(忘れた)
裏地…お店の人が間違えてたシルク(100円)←ホント勿体無い
ボタン…100均で三個100円


まず、形がかっこ悪いと気に食わないと思ったので、普段全然やりもしないトワル製作から始めました。

まずは大まかな型紙を書きました。

K軍服型紙(仮)

これを元に、シーチングで縫い上げますが・・・
えーと、ここでKの軍服についてですが、下記の画像をご覧ください。

K軍服シロ

猿比古&美咲は襟の部分がすごく見づらいので、シロを見本にしています。でもそれぞれちょっとずつデザイン違うんですよね~~これ~~~。そこホントねwwwwやだねwwww
で、本題に戻りますが、この服襟がテーラードではありません。
てっきりテーラードと思って作ろうとしていましたが、これはピーコートの様な襟ですね。
軍服についてよく知っていると言う訳ではありませんが、ピーコートも元は水兵さんの防寒着ですよね?
まぁそんな形というのは、ここから襟の補正を行う時に気付く点なのですがw

トワル4K軍 トワル3K軍

型紙を元に縫い上げると、襟が大きすぎると言う事に気がつきます。
私はいつもそうなのですが、テーラードの襟を書く時、折り返し線で一度型紙を折ってから形や大きさを見たりします。ですが、単にセンスの問題だと思いますけど、私はそれではいまいち感覚がつかめません。なので今回はトワルで形をチェックしている訳です。
襟の形にはいつも気を使いますので、襟だけべつの布で形を確かめる事をよくやります。
で、写真の襟はでかすぎるのと、前立て(今回はダブル前です)の位置が少し脇に寄り過ぎている感があります。単にキャラクターの細さの所為だと思いますけど、図の様に修正を掛けたいと思います。
どうでもいいですが、服を作る時にキャラクターの等身や脚の長さなんかを目安に服を作るととんでもない事になりますので、あくまで自分のサイズを確認したうえで服を作ることをお勧めします。私はチビデブなので、そこんところ気をつけないと大変な事になります。

K軍服型紙2 K軍服型紙3

出来上がった型紙がこちらです。
脚が映ってますけど気にしないで下さい。あと部屋が汚いのは仕様です。

まず、襟付け線を丸くしてあります。テーラードですと、四角くなるのですが、面倒臭いのとテーラードの襟ではないのを考慮してこうなりました。絵をよくみると、奥から襟がついている様にみえますが、あれは後付けじゃないと出来ない構造なのでやりませんでした。服の構造上おかしいです。作ろうとしたら出来るのかもしれませんが、試行錯誤している時間はありません。何よりも面倒くさい

DSC_1130.jpg

布の裁断を終えたら、接着芯、伸び止めテープをアイロン接着します。

DSC_1131.jpgDSC_1132.jpg

身頃・上襟(裏)を縫い合わせた後、見返し・上襟(表)を縫い合わせた物を乗せてみた感じです。
ここで、見返しと身頃のパーツが上手く縫い合わせられないと皺や寄れの原因になります。
あと、縫う時に重要なのはピン打ちもそうですが、私は特にアイロンを押します。アイロンで縫い代を割る、もしくはどちらかに倒すということをしっかりとしていると、綺麗な衣装が作れます。パリッとしないとね。
背面の皺は、まだちゃんと着れてないからだと…思いたいwww

DSC_1135.jpg

身頃、見返しを縫う前のしつけ。鬼のしつけでした。普段はここまでしません。
と、いうのも、ここまで言ってませんでしたが、Kの軍服では縁に金色のバイアスが使われています。みなさんよくブレードをつかったりなんかしてゴージャスに仕上げていますが、今回我々の衣装は、パイピングブレードを使用していました。なので、ずれを押さえる為のしつけもあります。
パイピングブレードは予め布と布の間に挟み込まなければいけないのです。
縫い付ける時は、通常の押さえ金ではパイピング部分の厚みで際まで押さえることが難しくなると思いますので、パイピング専用の押さえ金を使用する事をお勧めします。すごく便利です。押さえ金には色んな種類があって、バイアスなんかを縫いつけられる物もあるんですよね…非常に気になります。全部そろえたいw

余談ですが、テーラードなどの襟の場合、同じ布で裏表の役割が途中で逆になります。なので、前立て部分は同じ大きさであっても、ひっくり返る襟の部分では違ってきます。
折り返り線で0.2mmだし、襟先で0.2mm出すなど、型紙の時点で小細工が必要なのです。市販の型紙でも、上襟(表)などと言う様に、裏表で若干サイズの違う型紙があるのはそのせいです。布の厚み分の計算です。これがないと、えりがかっこよく折り返らずに浮いてしまう事があります。その緩み分が、縫っている最中にずれてどっかいってしまわない様にしつけをしてあります。

DSC_1136.jpg DSC_1137.jpg

襟を縫い終わった図です。
綺麗にできあがったのでわりと満足ですが、少しだけ皺が入ってしまった事が悔やまれますね…アイロンのてかりも…
そういえば、アイロンする際は当て布重要です。今回の布はアーバンツイルを使用していますので、当て布がないとテッカテカになってしまいます。ポリツイルなども同様です。斜めの織がある布は要注意です。
あと、写真見てわかった人もいるかと思いますが…しつけのじてんで右襟が存在していましたwwwツイッター投稿した際に友人に指摘されたのでカットしてありますww

DSC_1133.jpg

余談ですが、襟の縫い代は千鳥がけで始末してあります。しっかりアイロンで割っていれば大丈夫だと思いますのでこんなことしなくてもいいです。

DSC_1138.jpg

裾を縫い終わった図です。
本来ならこの程度の裾の長さのものであれば、裾など折り返すだけで十分なのですが、今回はパイピングブレードを使用した所為でどうしても見返し布で付けなければいけませんでした。くそ面倒でしたね!

DSC_1141.jpg

こっから工程を幾つもすっ飛ばしてますwww
写真を撮っていませんが、身頃の裏地をつけ、筒状にして裏地も付けた状態の袖を身頃に縫い付けた後、肩パットを入れて、それから裏地の身頃を袖を手まつりしているところです。
普段からよく聞かれる「どうやって裏地付けてるの?」という質問を全部すっ飛ばしました。すみませんwww
でも裏地はどうしても、こうやってまつり縫いしないといけないところが出て来るのでうんこですよ!市販の型紙では、ひっくり返して装着する方法を取っていると思いますが、私は自分の型紙に自身がないと言うのもありますけれど、しっかり縫えてないとひっくり返した時に表地に皺が出てしまう事が怖くて堪らないから、というりゆうで裾はすべて手でまつります。

袖がついてどうにかなりましたので、ボタンを付けて出来上がりです。
なのですが、ボタンホールを開けなくてはなりません。
我が家のミシンは、工業用みたいなもんでして、直線縫いしか出来ない仕様なので(その分スピードはヤバいMAXで使った事無い)ボタンホールを作る機能はありません。
そこで登場するのがこれです。

DSC_1147.jpg

ブラザーのボタンホーラー!!これを装着する事で、ボタンホールが作れます。サイズもいくつか選べ、更にハトメあり、なしとも選べます。非常に便利!!

DSC_1148.jpg

これで作ったボタンホールがこちら!とても綺麗で満足ですね^w^

DSC_1150.jpg

出来上がったのがこちらになります!!
わーい!完成したーーー!!!

って思ってたんですが、カフスの部分が黒って言う事をすっかり忘れて撮影に挑みましたよね!!!
「なんで?」って聞かれて初めて思い出した感じです。こんなに一生懸命やっても凡ミスってあるんですよね!!
買った布の入ってる袋に、何故がハイミロンの黒(しかも30cmくらい)が入ってて、「なんだこれ?」ってなってたんですよww
製作決めて、型紙・布調達、から縫製までの間に1カ月以上開けてしまった為すっかり忘れていた様です。さいあくですね。

結局この軍服一回しか着てませんwww

DSC_0080.jpg

肩章・紐(なんていうの?)・ベルトは相方の秋人くんの作品です。軍帽はどっかで買いました(でも気に入りません)
そんですごいのが、秋人つくったこの紐なんですけど、先っぽの尖ってるところが鉛筆キャップで出来てるんですよね…。あと、こんな風に丸いバックルのいい形のが見つからなかったんですけど、これも秋人くんが、100均かなんかのビンの蓋で作りました。いつもすごいなって思いますよほんと…

IMG_5176.jpg

これを見てわかる様に秋人くんのカフスはちゃんと黒ですねwwwwホントすみませんでした。
最近衣装作ってないですけど、こうやって見返してみるとなんかすごい面倒くさいことしながらよく作ったなぁって思いますね…。
それよりも、みなさんなんかすごく簡単そうにいしょうつくってるようにみえるんですけど、私だけですかね?
なんか、錬金術みたいにあっという間に衣装作って、しかもそれがすっごい綺麗とかだとホント嫉妬しますね。
私なんか失敗してるばっかりなのに…クソッ!

もっと頑張ろうかなって思うけど、頑張りたくないwwwww




【Noise666】http://noise666.blog40.fc2.com/

Twitter

Mahoo!知恵袋

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード